宗方町は諌早市の地区計画として指定されたところここは、「美しい街並みと広い家」が実現できるところ水洗トイレは常識。全面道路に下水道完備学校・交通・買い物・住環境・納得価格から選ぶとここになる宗方町は諌早市の地区計画として指定されたところあなたは、広い家を実現する方法をご存知ですか?

ここは「美しい街並みと広い家」が実現できるところ

LinkIcon
住宅用地:Japanese Modern Town Ⅳ
売買価格:3,700,000円(非課税)
諌早市宗方町954-1の一部(分筆する)
面積245.46㎡(74.25坪)

IMGP3926.JPG
クリックすると詳細

IMGP3927.JPGIMGP3930.JPGIMGP3934.JPGIMGP3945.JPG
クリックすると拡大

これからの諫早市の街づくりとは
 この数十年間、大村市が諫早市(旧諫早市と比較)と同程度の総人口になりました。
周辺地域との合併がなければ合併前の旧諫早市の人口と比較してもほとんど差はありません。大村市は平坦地が多い地形であり、また比較的に宅地造成がしやすく、さらには市街化調整区域が全く存在しないからです。つまり、地域差による地価および宅地として開発される供給スピードに差があったからです。
 諫早市の場合、宅地造成がしやすい平坦地は市街化調整区域内に多くの面積が位置しており、一般住宅などは建てられない都市計画法の同区域による建築制限があります。
そこで諫早市は、人口減少社会に向けた地区計画地を指定し、数年前から念願であった市街化調整区域内の建築物等の規制緩和が実施され、同区域内でも一般住宅などが建築できるようになりました。
 弊社は20年前から地価が荒らされていない(土地価格が安くて周辺環境がよい)同区域内の宅地見込み地に注目してきました。同区域内の既存宅地を開発した『ウィンドヒル西栄田NO1/明峰中学校前』分譲地が弊社の街づくりの代表作品です。

宗方町は諫早市の地区計画地として指定(住宅用地)
 諫早市開発基準条例により地区計画地に指定され、インフラ整備(諫早市道の拡張および交通アクセス・下水道完備)が整った周辺環境に恵まれた住宅用地。

『美しい街並みと広い家』が実現できる
 マイホーム取得に35年の長期間にわたり、高額の住宅ローンを抱える日本人。そのような固定観念はもう過去の常識で、土地代金に予算の半分(50%)を使っては、どこにでもある『立派な仮設住宅』しか建てることはできません。ここでは、『美しい街並みと広い家』が実現できるのです。

クリックすると土地活用事例へ↓
施工事例

クリックすると詳細
IMGP4369.JPGIMGP4369.JPG
北諫早小・中学校区
中学校まで320m

オリーブ畑の家
田舎で暮らす
クリックすると詳細
FullSizeRender.jpgFullSizeRender.jpg
賃料4.5万円(P1台込み)
諌早市高来町下与・2LDK
新築物件!一戸建平屋
賃料4.5万円に値下げしました♫
DIY倉庫付き!
全室フローリング・カーテン・雨戸完備・エアコン2台付き